福岡中央銀行の商品を使わなきゃ損

福岡中央銀行のパック商品の投資信託

福岡中央銀行は投資信託にも力を入れています。投資信託はここ数年で続々と口座開設されており、どこの金融機関でも大変な人気商品です。利用者は中高年が多く、運用して得た利益を老後の生活費にしたり身内に贈与するケースが目立ちます。福岡中央銀行ではNISA(少額投資非課税制度)やジュニアNISAの取引を勧めており、キャンペーンなども積極的に開催しています。

オススメなのは投資信託と円定期預金がセットになった資産運用向けのパック商品です。まとまった資金を2つの商品に分けて運用することで、より積極的に預金を増やすことができます。とくに退職金ニコニコパックという商品は退職金専用のパック商品で、数千万円の退職金を効果的に資産運用できます。もちろん円定期預金に預けるだけでも充分お得ですが、投資信託を一緒に利用すれば、利息だけでなく分配金まで受け取ることができるため利益が大きいというメリットがあります。

福岡中央銀行のパック商品の円定期預金にも、通常の店頭表示金利より遥かに高い特別金利が適用されるというメリットがあります。預入期間が短く、満期日以降に自動継続しても特別金利は継続されないという一面があるものの、通常のスーパー定期預金などよりも断然お得です。円定期預金はしばしば特別金利キャンペーンが開催されるため、パック商品以外でも高金利で運用する機会はありますが福岡中央銀行ではパック商品が最も高金利です。

しかしパック商品にはデメリットもあります。たとえば投資信託の購入金額がそのまま円定期預金の預入金額の上限になってしまうことです。つまり円定期預金にたくさん預けるためには、投資信託をたくさん購入する必要があるのです。しかし投資信託の利用には申込手数料など各種手数料がかかるため、たくさん利用するほどコストも増えてしまいます。そのくせ元本保証ではないため、初心者には意外と難易度の高い商品なのです。