福岡中央銀行の商品を使わなきゃ損

福岡中央銀行の保険で老後に備える

金融機関では円定期預金やローン商品で目先の資産運用を行う利用者が多いですが、保険や年金関連商品を使って老後の生活に備えることも大切です。福岡中央銀行は保険会社の保険商品を代理募集して販売しているため、福岡中央銀行を通して様々な保険会社の商品に加入することができます。とくに生命保険の人気が高く、個人年金保険や一時払終身保険のように保険料を積み立てておいて、老後または死後に保険金を受け取れるような高齢顧客向け商品がよく利用されています。

福岡中央銀行で保険を契約すると、将来のリスクに備えられるというメリットがあります。円定期預金や投資信託で貯蓄を増やして将来に備える人は多いですが、円定期預金は低金利であり、投資信託は利用手数料がかかるというデメリットがあって、運用効果には個人差もあります。保険は保険料さえ支払えば誰でも保険金を受け取れるため、より確実な備えとなります。

生命保険は相続対策に利用されることもあります。たとえば福岡中央銀行が提供する定額一時払終身保険は生涯にわたって保障を受けることができるため、契約者と身内にとっては相続対策の効果があります。教育資金一括贈与やジュニアNISAを相続対策に活用する人もいますが、生命保険のほうが低リスクで使いやすいため利用者が多いです。ただし福岡中央銀行以外の地銀や保険会社でも保険商品を取扱っているため、契約前に各保険商品の保障プランをよく吟味する必要があります。

保険商品ならではのリスクもあります。たとえば契約前に保障内容をよく確認しておかないと、希望する目的に合わない保険を間違って契約してしまいかねないことです。契約内容を見直したり別の保険に契約し直すこともできますが、保険料や契約手続きに無駄が多いのは損です。契約前に相談会やセミナーに行き、保険に関する基本的な知識をつけておくとよいでしょう。福岡中央銀行の店舗窓口でも気軽に商品内容を相談することができます。