神奈川銀行で人気上昇中の商品

神奈川銀行と横浜銀行

神奈川銀行は第二地方銀行として神奈川県に本店を構えていますが、同じ神奈川県内には横浜銀行という日本最大の地方銀行があります。県内の市町村の多くが横浜銀行を指定金融機関にしていることもあって、神奈川銀行はお世辞にもシェアが多いとは言えません。しかし神奈川銀行と横浜銀行はライバル関係というより共存関係にあり、あまつさえ業務提携して様々なサービスを提供しています。たとえばATMを相互開放しており、利用手数料が優遇されるため互いのATMで安く取引することができます。

営業エリアが被っていることもあり、横浜銀行と神奈川銀行のどちらに口座開設するか迷う人も多いですが、両方使うというのもオススメです。取扱う金融商品の種類は横浜銀行のほうが優れていますが、神奈川銀行にしかない商品もあるためです。スーパー定期預金より高金利のサンクス定期預金や、シニア向けフリーローンといった商品は、人気がある上に横浜銀行では取扱っていないため、神奈川銀行を利用する利点となります。

とはいえ口座開設先でなく就職先として考えるとき、身近に地銀大手がある神奈川銀行は危うい立場と見なされて敬遠されやすいです。というのも昨今の金融業界は消費者金融や新たな形態の銀行の台頭もあって、どんどん数が増えており、地銀再編の動きが活発です。経営破たんにならなくても別の金融機関と買収・合併・経営統合する場合が多く、とくに規模の小さい神奈川銀行のような第二地方銀行は吸収されやすい存在です。

金融機関の利用者にとっては、金融機関同士がくっついて提携サービスが増えれば便利になって喜ばしいことです。しかし買収や合併だと、力関係の弱いほうの金融機関が行員を削減することがあるため、危惧する人も多いのです。もっとも横浜銀行と神奈川銀行はターゲットにする客層が異なる上、神奈川銀行の頭取は横浜銀行出身なので、第二地方銀行とはいえ安定しているという見方もできます。