資産運用にぴったりな福邦銀行

福邦銀行の投資信託

定期預金よりも積極的に運用できるため、ここ数年で投資信託の人気が上がっています。NISA解禁直後に口座開設が増えてから利用が沈静化していましたが、ジュニアNISAが始まることを受けて再び人気が高まっています。NISAとは少額投資非課税制度のことで、一定金額までなら非課税で運用できるというものです。投資信託は投資するファンドを選んで購入すれば、運用自体はプロに任せて利益(分配金)だけ受け取れる商品です。しかし便利な反面、利用には手数料と税金がかかるため、NISAの非課税を活用して低コストにする必要があるのです。

福邦銀行で初めて投資信託を利用する場合、申込手数料と信託報酬に注意しましょう。税金はNISAである程度軽減できますが、申込手数料と信託報酬は支払わなければいけません。申込手数料はファンド購入の際に支払うもので、手数料無料のノーロードファンドでもない限り無料にできません。さらに厄介なのが信託報酬です。信託報酬はファンドを保有している間ずっと発生する手数料で、長期運用では申込手数料よりも総額が高くなります。

興味のあるファンドが複数あって投資先に迷う場合、自力で比較する前に信用格付け機関の評価などを参考にするとよいでしょう。ファンドのリスクや運用実績に対する評価を知ることができます。もっとも評価は過去の実績に対するものなので、過信は禁物です。気に入ったファンドを選んでも、最初は資本金を少なくして損害に備えましょう。債券や株式、不動産など複数のファンドに分散投資するとさらに運用リスクを下げることができます。

福邦銀行には様々なファンドがありますが、不動産や株式など種類によって利益の出方やリスクが異なります。たとえば将来性のある地域や企業に投資すると、投資対象が成長して多くの利益が出ることがあります。しかし地域経済や会社概要など投資先の情報をチェックしておかないと、環境の変化やライバル企業の影響を受けて思ったほど利益が出ないこともあります。多角的に情報を集めてリスクを計算することが大切なのです。